大吟醸無濾過生原酒 BY16

2008年08月30日





2005年3月の瓶詰めですから、BY16。

醸造年度平成16年の大吟醸無濾過生原酒 。


3年5ヶ月の間冷蔵貯蔵されておりました。

無濾過生原酒ですのでもっと色付いてるかなと思い、
唎き猪口で見てみましたが薄い綺麗な琥珀色です。

ほんの少し蛇の目の紺色を見ると無濾過のお酒特有の濁りは若干あります。

日本酒度+5、酸度1.7の芳醇辛口な味わいの酒造設計のお酒です。

でも、
3年5ヶ月の時間が味わいを複雑にしています。
最初に感じる辛さのあとは、甘みも感じます。










『世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか』
と云う本、街こおりやまで知ってから読みたい本でした。



こんなに長いタイトルの本を読むのには
この酒はあってるかも。

お猪口は昨年の春、逢瀬町の「つち工房」でもとめたガラスのお猪口。

肴は外で鳴いてる虫の声。



同じカテゴリー(お酒ネタ)の記事画像
福島ベリーニ
ROYAL SELANGOR<ロイヤルセランゴール>
竹の子戴きました。
鰹、セリ、袋吊り
豚シャブ冷や中、リーデル、大七
相馬焼
同じカテゴリー(お酒ネタ)の記事
 福島ベリーニ (2015-08-04 20:00)
 ROYAL SELANGOR<ロイヤルセランゴール> (2011-12-02 23:04)
 竹の子戴きました。 (2011-05-21 22:56)
 鰹、セリ、袋吊り (2011-05-21 07:36)
 豚シャブ冷や中、リーデル、大七 (2011-05-20 20:20)
 相馬焼 (2011-05-11 00:42)

Posted by Non-bay at 23:45 │Comments(2)お酒ネタ
この記事へのコメント
そろそろ日本酒が恋しいです。。。

この本、面白そうですね!!
Posted by える at 2008年08月31日 03:48
☆える さま☆

味覚の秋がやってきます。
日本酒の美味しい季節ですね。

ケタ破りの男のお話でした。。。^^
勉強になります。
Posted by Non-bayNon-bay at 2008年08月31日 21:19
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。