昨晩の宴会

2010年07月08日

呑み友達M君、
来週行われる某社の焼肉パーティーで
蕎麦打ちを披露するとのことで、
先週から自主トレ中。

昨晩は
蕎麦打ちの師匠の元でトレーニングすると云うので、
見物に行って来ました。

外から見える師匠の製麺所での
M君の蕎麦打ちを動画で撮影したのだけど、
再生したら土砂降りの雨の音がかなり入っているので
編集に手間が掛かりそう。


本当にM君が蕎麦打ちするのか疑惑に思っている方も世の中には居るので、
編集が出来たらYouTubeに上げて世界に向けて配信する予定です。





前回同様
6畳間に料理を並べて、
師匠の大ちゃんとM君達蕎麦打ちの弟子3人、
それとNon-bayで宴会スタート。




一生懸命蕎麦を打っていたお弟子さん達は
ビールが格別美味しかったようです。



弟子達が蕎麦打ちしてるあいだに
大ちゃんが用意してくれたお料理の数々。

「いま鰺捌いてるから、待っててね。」って云われたけど
この身がのった鰺、旨かったなァ〜。



それと、天麩羅。

塩辛と伊達鶏ぼんじりぽん酢。

トマトの卵とじ、と賄い飯なメニューの数々でお酒が呑める幸せ。


それから、
お酒は弟子のお一人が持ち込んだ「大吟 神の座」、
青森のお酒ですが初めて呑みました。
かなり貴重なお酒のようで命名と題字は森重久弥だそうです。
奥の松吟醸と同じですね。

かなり美味しいお酒でした。
華やかな吟醸香と
旨味が口中に広がる感じ。
今日調べたら、この4合瓶で4,725円するみたい。
旨いはずだ。





次の1本は
M君の持ち込み、宮城の酒「特別純米 栗駒山」。
キレがあるけど、
あとで味わいが出てくる感じのお酒でした。
これ、今度燗で呑んでみたいですね。


次は
メルシャンのスパークリング「勝沼のあわ」、
かなりブリュットなスパークリングでした。
メルシャンもなかなか良いもの作りますね。


〆に
師匠の打った蕎麦を頂きました。



さすが、大ちゃん。
何を作っても名人ですね。


近所のイタリアンの名店のM兄弟も喚ばれていたのだけど、
店じまいが遅くなってM君とNon-bayと入れ違いに。
いつも美味しいイタリアンでお世話になっている方々ですから、
是非とも今後呑んでみたいですね。



そののち、
M君とタクシーで陣屋へ。

グリーンビルの前でタクシーを降りて
ビル内に直行したもので、
2軒目に行こうとした時まで
駅前大通りの現状に気がつきませんでした。
 
 
 



同じカテゴリー(お酒ネタ)の記事画像
福島ベリーニ
ROYAL SELANGOR<ロイヤルセランゴール>
竹の子戴きました。
鰹、セリ、袋吊り
豚シャブ冷や中、リーデル、大七
相馬焼
同じカテゴリー(お酒ネタ)の記事
 福島ベリーニ (2015-08-04 20:00)
 ROYAL SELANGOR<ロイヤルセランゴール> (2011-12-02 23:04)
 竹の子戴きました。 (2011-05-21 22:56)
 鰹、セリ、袋吊り (2011-05-21 07:36)
 豚シャブ冷や中、リーデル、大七 (2011-05-20 20:20)
 相馬焼 (2011-05-11 00:42)

Posted by Non-bay at 00:01 │Comments(0)お酒ネタ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。