そばの里 こい

2011年06月07日

"そばもん"6巻にも書かれていたけど、
蕎麦って漢方的には体を冷やす食べ物らしく、
この処の暑い日には蕎麦を欲しがるのは
理に叶ったことなのかな。

と云うことで、
日曜日のお昼も蕎麦。

夕方FAPに用事があったので
前から看板を見ていて気になっていた
「そばの里 こい」へ。

118号と併走するような集落の中を走る道は
幹線道ではないせいか、震災の傷跡が修復されないままの道路状況。

で、
たどり着いて驚いた。
その建物の大きさ。



古民家ではなく
最近建てられたのだろうけど、
何せ大きい民家です。



玄関を開けて
また驚いた。
開けるとそこは板の間になっていて
そちらがお店のスペース。

5間×4間で20坪、
いやガラス戸や襖が大きいから
6間×5間で30坪、60畳の板の間かもしれない。




お客さんが写っちゃうので
天井に向けて撮ったのだけど、
広いは、梁や柱は太いは。
凄いお宅にお住まいのようです。
それが玄関から右側なんだけど、
奥の間もありそうで、
玄関から左側は畳が12枚敷いてある部屋が3間続いている。

それが玄関から表側で台所や何かはまた別に奥の廊下を隔ててありました。

玄関には
錦鯉の鏝絵があるから、
「そばの里 こい」のこいは鯉なんだろうね。


さて、
注文は天ざる1,000円の大盛り200円。


ひと口サイズのおにぎりも付いてきました。
蕎麦はちょっと固めな感じかな。

幹線道から外れているから
お客さんも地元の方々のようで
なんともアットホームな感じでした。




道はマンホールが飛び出したままの所もありますから
要注意です。




そのあとは
長沼の"癒しの空間"へ。


こちらのお店のHPを担当されているデザイナーさんの個展があるようです。




FAPに向かう時間まで2杯目を戴いて、
Eric Alexanderのentle Balladsを聴いていた。


このアルバム、良いね。



同じカテゴリー(蕎麦)の記事画像
荒挽き鴨ざるそば
辛味大根蕎麦@蕎麦屋「藤田」
名水の初雪
おせち2015
神田藪
今日のランチはお蕎麦
同じカテゴリー(蕎麦)の記事
 荒挽き鴨ざるそば (2015-02-10 17:50)
 辛味大根蕎麦@蕎麦屋「藤田」 (2015-01-18 22:38)
 名水の初雪 (2015-01-02 23:33)
 おせち2015 (2015-01-01 00:00)
 神田藪 (2014-11-14 22:00)
 今日のランチはお蕎麦 (2014-10-31 13:00)

Posted by Non-bay at 23:58 │Comments(0)蕎麦
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。