純米焼酎 類蔵

2008年08月05日

手拭男さん
詳細希望と云われた焼酎。
本日現物を見ました。





郡山市西田の雪小町の醸造元「渡辺酒造」が初めて出した焼酎、
純米焼酎【初代 類蔵(るいぞう)】。
類蔵は初代の蔵元の名前を付けたそうです。

郡山産の「あさか舞」を麹米にした純米酒を蒸溜した焼酎だそうです。
粕取り焼酎ではない訳で、笹の川の吟粒・源粒と同じですね。








◇純米焼酎 類蔵 25° 720ml … 1,470円

◇純米焼酎 類蔵 40° 720ml … 3,150円

とのこと。



40°はけっこう高い訳ですけど、
どんなお味でしょ。。。

本格焼酎は詳しくないNon-bayです。


同じカテゴリー(和酒)の記事画像
ぬる燗佐藤 御殿山茶寮@品川駅
森倶楽部
名水の初雪
もりっしゅ
風とロック
湖南のどぶろく「きかん坊」
同じカテゴリー(和酒)の記事
 ぬる燗佐藤 御殿山茶寮@品川駅 (2015-04-03 21:42)
 森倶楽部 (2015-02-13 21:59)
 名水の初雪 (2015-01-14 21:50)
 もりっしゅ (2014-06-02 14:18)
 風とロック (2014-03-18 13:59)
 湖南のどぶろく「きかん坊」 (2011-01-29 11:44)

Posted by Non-bay at 22:11 │Comments(2)和酒
この記事へのコメント
おぉ(゚Д゚)! これが噂の渡辺酒造の焼酎ですね

会津の宮泉銘醸にも玄武と言う米焼酎があり、同じように25°と40°のものがあるみたいです>どちらも未飲っす
まずは25°を飲んでみて、気に入ったら原酒の40°を購入して楽しむといった感じでしょうか^^

蒸留の技術に秀でている焼酎蔵の酒もいいですが、醸造のスペシャリストである
清酒蔵の「蒸留酒」にも、新しい可能性が秘められていると思います

創始者の名を冠している事や、2種類のラインナップでの販売など
蔵元の並々ならぬ思い入れが漂う「初代 類蔵」

ぜひ探し出して飲んでみます^^
Posted by タオルマン at 2008年08月06日 00:01
☆タオルマン さま☆

さすがタオルマンさま、
宮泉の玄武と皇貴玄武のことを書こうかなと思ったら
コメント頂いちゃいました。。。。^^
Posted by Non-bay at 2008年08月08日 20:14
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。